MENU
本気でブログで稼ぎたい人のための限定コンテンツを公開中!詳細はここをクリック!

在宅ライターが不安やトラブルに巻き込まれないための基本的対策

当ページのリンクには広告が含まれています。
在宅ライターが不安やトラブルに巻き込まれないための基本的対策

☟☟詳細は以下から☟☟

悩み子

在宅ライターをやっているのですがトラブルに巻き込まれないか心配です。

トム

巻き込まれないためのコツを教えます!

目次

誰もが抱く4つの不安と知っておきたい基本的対策

現在活躍中のすべての在宅ライターがこれらの不安もしくは現実と、現在進行形で向き合っていることでしょう。

だからこそここは結論ファーストで、以下に列記します。

・取引相手とトラブルになったらどうしよう?

・約束通りにお金を払ってもらえるか心配だ

・依頼者(取引相手)を怒らせてしまった……

・納期に間に合わない!どうすればいい?

いかがですか?

それではそれぞれに関して一緒に掘り下げて検証することで、ベストと思われる対応策を確かめていきましょう。

取引相手とトラブルになったらどうしよう?

この不安はすべての在宅ライターに共通する、1番の不安点に違いありません。

常に相手の立場を思いやる気持ちを持っているからこそ芽生える、心遣いが不安となってしまうパターンです。

文章表現に関しては年々、過剰を越えて意味不明かつ無責任な声が止まりません。

わずか数文字だけを切り取っては、やれ差別発言だのと揚げ足を取って喜ぶ人たちが、残念ながら散見されます。

しかしながら在宅ライターは報酬を受け取るプロである以上、こうした厄介な存在も視野に入れておかねばなりません。

そしてもうひとつ、この事実も踏まえておきましょう。

依頼者(クライアント)も同じ不安を抱えて、あなたと取引してくださっている。

以下の『たとえ話』から、ここでお伝えしたいことをご理解いただけるかと思います。

<たとえ話>

引っ越してきたばかりの見知らぬ町で、初めて訪れた美容室。

髪型にこだわりの強いあなたは複数のお店を訪れ、ネットで囁かれる評判を比較検討し、意を決し、この日を迎えています。

・変な髪型にされたらどうしよう?

・感情に任せてクレームをつけたことで、問題がこじれたらどうしよう?

対して美容院(美容師)にとって、面識のない初めてのお客さまの髪を切る緊張感は、当然半端ではありません。

・ご満足いただけず賠償問題に発展したらどうしよう?

・キャッシュレス時代の今日、決済できないトラブルが生じたら厄介かも?

案じ始めればキリがありませんが、私たちの社会は『性善説』が根底で成り立っています。

・自分で選んだ店なのだから、要望をきちんと伝えたなら、そこからは信頼して任せるのが礼儀。

・数ある競合店のなかから当店を選んでいただけたのだから、精一杯の対応で誠意と感謝をお届けしよう。

お互いのこの謙虚な考え方があればこそ、円滑な信頼関係が構築できるのです。

美容室以外の初めて訪れた飲食店や小売店、さらには初対面の人と人とのコミュニケーションにも共通しています。

『性善説』と三文字で表現すると難しそうですが、基本的に『相手に信頼を寄せる』考え方です。

ただし自分だけが一方的に相手を信じるだけでは、信頼の一方通行すなわち片思いです。

かといって自分が相手を信頼していることを延々と文字に落として届ければ、逆に警戒心を煽ってしまいかねません。

だからこそシンプルに。

自分が受け取って安心できるメッセージを書くことに努める。

ビジネス文章の定型文とされる、形式を完全に踏まえた硬い文面にする必要はありません。

<NG例文1>

拝啓 薫風の候貴殿益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて突然ではございますが、過日貴殿よりご用命の内容に関しまして、大変恐縮とは存じますが、当方ではどうのこうの……

これでは警戒する以前に、相手の腰が引けてしまって当然でしょう。

だからといってフランクすぎると、これこそ失礼の極みとなりかねません。

<NG例文2>

この前聞いていたのと話が違うじゃないですか!?

こっちはもう書き始めてしまっているんですよ。

余計な手間がかかってしまった分はギャラアップで埋め合わせてもらえますよね!?

百歩譲ってこのライター側の言い分が正論だったにせよ、伝え方に問題アリ。

まして文章を書いて報酬をもらう立場である以上、これはいただけません。

相手の年齢その他を問わず、あなたが受け取って気分を害さない文章で、こちらの疑問その他を届けるべきでしょう。

<無難な例文>

1点お尋ねします。

今回ご用命いただいた記事作成に際し、先に伺っていた指示内容と今回のそれらが真逆になっていると、こちらでは解釈しています。

念のため、先に頂戴したメッセージを抜粋添付させていただきます。

お手数ですがご確認のうえ、どちらで執筆を進めるべきなのか、今一度ご回答いただけますか?

これでも相手が喧嘩腰と読める文面を返してきたのであれば、

「運悪く相性の悪い相手にエントリーから、契約が成立してしまった」

その場は自分が折れる大人の対応から波風を立てず、この案件だけを無事に納品し、相手との取引はここで打ち切るのが賢明です。

少なくとも契約成立に至れた以上、双方が悪印象を抱いているはずがありません。

心の中には割り切れない感情が誤魔化せないかと思われますが、次のような解釈に努めてみてはいかがでしょうか?

この依頼者は文章を素直に読み取る能力が謙虚なのだろうな。

だからお金を払ってでも、自分に記事を書いてほしいと思ってくださったのだろうな。

だけどやりとりの段階でこの調子だと、お届けした記事も適正には評価されないかも?

これも経験だと思って、きちんと取引終了から、以後は距離を置くことにしよう。

トラブルの種子が発芽してしまったのであれば、そこから育てない対応が重要です。

幼葉が顔をのぞかせた段階で決着をつけられれば、それがあなたの経験値となります。

同時にこの体験が、あなたの『執筆家としてのネタ』としてストックされます。

記憶と記録(書き残し)しておくことが、近い将来今度は『お金の種子』となることでしょう。

約束通りにお金を払ってもらえるか心配だ

これは『基礎編』で紹介した在宅副業サポートサイトを活用することで、実質回避が可能です。

これらのサイトでは基本、依頼者から前入金で所定の報酬額を預かりワーカーの指定口座に入金する、仲介対応がなされます。

(※この際に所定の仲介手数料が差し引かれます)

仮に依頼者と突然音信不通になったとしても、契約中の案件をサイトに納品することで、確実に報酬が得られるシステムです。

対してこうしたサイトを通じず直接仕事を請け負った場合、このリスクは切り離せません。

☆未払いリスク対策・その1

最初に申し上げておきます。

こうした不測の事態も何割かは自己責任なのが、このスタイルで仕事を募る以上、致し方ない現実です。

だからこそ取引開始に際しては、相手先の信用度を十分かつ冷静に見極める作業が不可欠です。

自身で取引相手を探す場合、自ずと法人(企業)もしくは個人事務所を構える事業主が対象になるかと思われます。

インターネット空間では、誰もがあらゆるニセモノ(本来とは違う存在)になりすますことが可能です。

・その事業体もしくは個人が、三次元社会で実在しているのか?

・名称・所在地・連絡先その他、事業に際して必要とされる情報が明示されているか?

たとえば実態が存在しない可能性が疑われる募集人(組織)が時折見受けられるのが、この世界の残念な現実です。

Google Mapの活用や検索作業を通じ、こうした相手の実態を確かめる作業を面倒くさがってはなりません。

高額報酬と手軽なメリットをちらつかせる募集告知には、条件反射的に目を奪われて当然でしょう。

しかしながらそれらが延々と四六時中公開され続けているなどの場合、注意が必要です。

たとえば人からの応募で得た個人情報の収集が目的で、その案件自体が存在しない可能性が疑われます。

こうした見極めは非常に難しく、だからといってすべてを疑ってかかっていては、前に進めません。

自宅副業サポートサイトの活用をオススメする理由が、ここにも明確に存在しています。

またこうしたトラブルに関しては、後半の事例紹介でも取り上げます。

興味深くお役立ていただけるノンフィクションをお届けしますので、どうぞお楽しみに。

☆依頼者(取引相手)を怒らせてしまった……

在宅ライターが依頼者を意図的に怒らせようとすることは、99.99%考えられません。

依頼者が在宅ライターに対する接し方も、同じでしょう。

どちらかが怒り出してしまう原因の大半は、小さな誤解です。

基本文字によるコミュニケーションに限定されればそれだけ、誤解釈のリスクは高まります。

届けた文章が稚拙だったわけでも、受け取った側の読解力が乏しいわけでもなく、単なる解釈違いから、

「なにを言っているんだ!?ややっこしい相手だな……」

もちろんこのような文言をその場で返すことこそありませんが、相手に関する不信感が芽生えてしまった瞬間です。

そしてこうした雰囲気(空気)だけは、不思議と相手に伝わります。

「こっちの伝えたいことが理解できないのかな?あんなに噛み砕いてあげたのに……」

無意識のうちに相手を下に見始めてしまうと、そこから相互信頼関係のひび割れは、広がる一方です。

この問題に関しては次章(第2章)を丸々使って、詳しく掘り下げてみたいと思います。

納期に間に合わない!どうすればいい?

誰もが思い浮かべるリスクであるにもかかわらず、多くの在宅ライターが1度は経験するのが、このピンチでしょう。

・楽しさと報酬に意識が向いてしまい、自身の処理能力以上の案件を抱え込んでしまった。

・アイデアが浮かばないところに本業その他が忙しく、時間がなくなってしまった。

いずれも自己責任の範疇ですが、実は多くの人が見落としがちな、次の展開が原因であるケースが見過ごせません。

・自身の体調不良・突然の弔事その他のアクシデント

とりわけお葬式に関しては予測不能です。

常にこの可能性を視野に、余裕を持たせすぎての請負では、目標額に達することが難しくなってしまいます。

臨機応変な緊急対応を含めた自身の処理能力を、冷静に把握するように努めましょう。

☆見落としがちなアクシデント・パソコンその他通信機能が突然ダウン

在宅ライターに限らず大多数の人が、通信機器は常に完璧に作動し続けて当然だと信じ込んでいるようです。

精密機械に完璧など期待できません。

これだけ細かい部品が繊細に影響し合うシステムは、むしろ非常に脆弱(ぜいじゃく)であると考えておくべきでしょう。

パソコンが突然起動しなくなった/建物のプロバイダ機器がダウンした/落雷停電その他の災害で通信不能となった……

ここで質問です。

Q:あなたはこれらの状況下、普段利用している通信機器以外を用いて、速やかに依頼者に連絡できますか?

予備のパソコンが手元になくとも、スマホに取引先の連絡先を入力してあれば、そちら経由で緊急事態発生を一報できます。

手書きのメモなどで連絡先を控えてあれば、別の手段での報告も可能です。

スマホを紛失すれば顔面蒼白の在宅ライターが、この『重要連絡先の控え』を怠っているとすれば、いかがなものでしょうか?

バックアップの重要性が声高に繰り返されたのは一昔前の話だと、関連機器の性能向上を受けて、

「ブラウン管時代のダイヤル回線じゃあるまいし、そんな面倒なことをいまさら……」

このように油断している現実、否定できないと思われます。

今一度おたずねします。

あなたは今この瞬間まで、いかがでしたか?

ここで今一度責任もって、このシンプルな現実を文字にしておきます。

先にも触れた通り、すべてのトラブルに通じ、そのまま引用できる簡潔かつ適切な手引書など存在しません。

人と人との間にトラブルが生じた時点で、双方は疑心暗鬼に陥っています。

人の心は数学のように解析も、科学のように分析も、法律のように白黒つけることもできません。

刻一刻と変化を続けるからこそ、悪意や他意なくトラブルが生じ、その解決に苦労するのでしょう。

まして在宅ライターに与えられた思いや考えを訴える手段は、基本文字通信のみ。

ある意味文章作成以上に文章力が問われる場面が、トラブルとの対峙なのです。

文字だけでのやりとりにはメリットとデメリットが共存します。

受け手側は複数回読み返すことで、届いた内容をより正しく把握できますが、あくまでそれはデータ(情報)としてのお話です。

大人の対応で文字にはしなかった相手の感情などを察することは困難です。

また送り手側の文章力と読み手側の読解力がミスマッチだった場合も、誤解が芽生えるリスクが高まります。

会話と違って文字だけのコミュニケーションは大変難しいことを、私たちはしっかりと踏まえておかねばなりません。

言葉を選び過ぎるあまり、真意が正しく伝わらない悪循環に陥ってしまっては、無意味な通信となりかねません。

反対にストレートすぎる文言はここ一番(相手先との取引を強制終了したいときなど)に限って用いる、自制心が求められます

文字は記録に残るからこそ、一時の感情に任せての送信は、結果自身の首を絞めかねません。

文字表記した言葉は『刃』にも『思いやり』にもなるからこそ、発信者の冷静な判断が望まれます。

★この記事の鍵

・性善説(本来は互いに信頼を寄せ合いたい)を忘れず、感情に走らない。

・届ける文言は、あなた自身が受け取って安心できる(救われる)表現をチョイス。

・リスク回避の第一歩=備えあればうれいなし・精密通信機器は完璧ではない

すべてのトラブルに共通する基本的対処法

在宅ライターとして初めてのトラブルに、誰もが戸惑いを覚えて当然です。

それでも時は待ってはくれず、時間の経過とともに条件が好転することは、残念ですが期待できません。

ここで求められるのが、以下の姿勢です。

・後回しにしない

・曖昧にしない

・遠慮しない

・憶測で物事を運ばない

・相手を責めない

これら5つに順番はありません。

「誰かに相談してから……それより待っていたら、また何か言ってこられるかな?……」

自分に非がないことを祈る気持ちばかりが膨らみ、できれば逃げ出したい、放棄したいと考えても不思議ではありません。

しかしながらこの状況には、相手との信頼関係に基づき結んだ『契約』が絡んでいます。

目を背けてしまうことで、暗にあなたが非を認めたと解釈されるリスクがはね上がります。

後回しにしない

まずはクレームもしくはなんらかの異議などを届けてきた取引先に対し、メッセージを受け取った旨を速やかに伝えましょう。

ここで注意すべきポイントとして、いきなり反論や条件反射的な謝罪を文字にしないことがあげられます。

「お忙しいところ、お気持ちとお手をわずらわせてしまい、申し訳ありません」

あくまでクレームを届けさせてしまったことと、ご気分を害されたことに対する謝罪に留めましょう。

続けてここでワンクッション置いて、自身の態勢を整える、これすなわち『嘘も方便』です。

「ただいま少々取り込んでおります。できるだけ早くあらためてご連絡差し上げますので、お時間をいただけますか?」

目先の時間稼ぎではなく、精神状態を整え相手と五分の立ち位置で話し合うべく、リセットタイムを確保しましょう。

初級編でも触れた通り、副業はあなた自身が責任者であり担当者です。

意見を伺う上司先輩も、お手本としてそのまま真似られるマニュアルも見当たりません。

自身の技量が問われ、経験がスキルアップにつながるチャンスだと割り切り、凛と向き合いましょう。

遠慮しない

最初から喧嘩腰で噛みついてくる依頼者は稀です。

百歩譲ってこちらに非があったにせよ、これは非常識なコンタクトです。

「はずれくじを引いてしまったかな?……」

トラブル収束が最優先であることに変わりはありませんが、その後も良好な関係を継続させる必要性は疑問です。

ここで大切なのは、相手に全部吐き出させるべく、まずは受け手に徹する度量です。

仮に相手が噛みつくような文言を並べてきたのであれば、言葉にすれば上から目線になりますが、

「度量が小さい(心が狭い)人みたいだから、全部言わせてあげよう」

これも先述の通り、こうしたケースのほとんどは誤解もしくは双方の価値観の違いが原因です。

もちろん相手も大人ですから、それなりに言葉を選んでくださって当然です。

相手が何に対して怒り、何を欲しているのかを、冷静に見極めましょう。

こうして相手の言い分を受け切ったのであれば、反撃でも反論でもなく、こちらの考えを伝えましょう。

言葉が足りなかった点は謝罪から補足し、誤解釈に関しては、言い訳ではなく補足説明しましょう。

これらを感情に任せて無視する相手であったとしても、在宅副業サポートサイトを利用していれば、次の一手があります。

(※この点に関しては後述します)

ここでいうところの『遠慮しない』は、本来伝えるべき、もしくは伝えたいことを『腹の中に残さない』の意味だとご理解ください。

憶測で物事を運ばない

相手の真意を深く考えることと、自分に有利な展開を希望しながらの推察は違います。

在宅副業のトラブルすべてに共通するマニュアルが作成できないのも、これが大きな理由のひとつです。

「マニュアル通りに対応したら、火に油を注ぐどころか収束不可能の地獄へ一直線。一体どうしてくれるんだよ!?」

この本の読者であれば、このような展開となる確率が高いこと、すでにお察しの通りです。

事情を知る100人中100人全員が、相手側が間違っていると声を揃えたとしても、トラブルはトラブルです。

『~だろう』ではなく、根気よく『~ということですね?』を重ねることで、

相手がどのような着地点(=対応)を望んでいるのか?

これを見極める作業が求められます。

非常に厄介かつ精神的に辛いところですが、こちらの誠意は必ず相手に届きます。

相手を責めない

あなたの我慢と誠意が相手に伝わり、

「こちらも言葉が過ぎたようで、申し訳ありませんでした」

このような謝罪の言葉が届いたなら、これで『雨降って地固まる』としましょう。

個人的に言いたいことは色々あるでしょうが、副業はビジネスであり、大人の対応が望まれます。

ちなみに相手が一瞬見せたこの『弱気』を逆手に、一気に主導権を握ってしまうテクニックもありますが、これは上級者の裏技です。

別の機会があれば、あらためてお話したいと思います。

手探りの取引が始まり、比較的早い時点でこれを経験したことで、相互信頼関係がより一層強くなる展開は少なくありません。

逃がしたくない依頼者であれば時間と労力を惜しまず、後悔を残さぬ対応に力を注ぎましょう。

なによりこの経験は間違いなく、今後新たな出会いを重ねる上で大きな武器となります。

文章の達人と同時に人間関係の達人を目指せるのも、在宅ライターの特権です。

問題がこじれた場合の対処法と要注意点

それでも100%すべてが解決に至れないのが、人と人とのトラブルです。

副業在宅ワークの場合、当事者同士が面と向かって話し合う機会を持ちづらいのが現状です。

その結果、未解決から硬直あるいはお手上げ状態に陥ってしまうリスクも、潜在的に小さくないと考えられます。

我慢の限界!さあどうする!?

説明不要でしょう。

「もうお金も要らない!自分の評価がボロカスの最低点でも構わない!この相手との一切の接点を放棄させてほしい!」

お互いにとって最も残念な限りですが、悪意や他意なくこの展開となってしまうのも、副業と言うビジネスの一面です。

「これ以上どれだけ歯を食いしばって踏ん張ってみても、とてもやり遂げられるとは思えない」

熟考に熟考を重ねて導き出したこの決断は、自身にとって断じて間違いではありません。

喧嘩はいつでも始められますが、その後に残るのは虚無感だけです。

私たちはそれぞれの人生経験のなかで、このことを知っています。

自分が契約を途中放棄した形で降りる選択が賢明です。

対外的評価の一時的な下落やタダ働きのデメリットよりも、精神的安定を選択することで、自身の環境を整える選択です。

そしてもうひとつ、在宅副業サポートサイトを活用している人にとって切り札的なサービスの活用が、ここで視野に入ります。

利用しているサイト運営者への通報

サイト運営者にトラブル発生と現状を訴え、解決に向けて仲介に入ってもらう選択です。

会員(利用者)の報酬から差し引かれる手数料の一部が、このサービスに充当されています。

「だったら運営者から強く諭してもらうことで、未払いの報酬も確保できそうだな」

一筋の光が射したかのようですが、ここで深呼吸から、以下をしっかりと確かめてください。

すべてがその限りではありませんが、通報イコール最終手段との位置づけから、通報者側にもデメリットが想定されます。

「喧嘩両成敗」ではありませんが、厄介なトラブル解決の代償が大き過ぎるケースも、いろいろと伝えられています。

具体例に関しては後半で詳しく紹介します。

在宅副業で想定されるトラブルは、心配が過ぎれば底なし沼状態です。

備えあれば憂いなしを過ぎて、恐れるばかりとなってしまっては本末転倒です。

それぞれの日常生活も、一瞬先は出たとこ勝負の連続です。

仕事しかり、家庭内しかり、プライベートしかり ……

緊急対応マニュアル片手では、人生を謳歌しきれないでしょう。

(※想定外のハプニングを楽しめない性格であれば別ですが)

在宅ライターとして歩み続けるあなたに、今一度責任を持って繰り返します。

「有事に対する備えと根拠のない怯えは違います。臆せず100倍楽しんでくださいね」

★この章の鍵は至ってシンプルです。

・不運にも生じたトラブルの根底に悪意なし!恐れすぎることなく自身の正しい心に従い、落ち着いて対処すれば大丈夫!

ここまでがこの本の前半です。

後半では冒頭でお伝えの通り、先輩在宅ライターに登場いただき、それぞれの忘れられないトラブル体験談をお話いただきます。

ここでブレイクタイムから、1度頭の中を整理いただけますか?

宣伝

ペラノートでしか貰えない限定特典

詳細は以下のリンクらご確認ください!

ペラノートでおすすめしている限定コンテンツ

ペラノートでは本気で副業で稼げるようになりたい人を応援しています!

特に、ブログで本気で稼げるようになりたい人向けに、今のブログとは別次元にレベルアップさせる戦略を提供しています。

ブログで本気で稼いでいこうと思うと、ちぐはぐな知識を掛け合わせるだけでは一生稼げるようにはなれません。

有料にはなりますが私の本気のノウハウを読めば、あなたのブログを大きく飛躍させるきっかけをつかむことができるはずです。

部数限定でかつ、売れるごとに値上がりしていきますので、興味があればお早めに確認いただくと損することは少なくなります。

1から100万円稼ぐために必要だと考えられる戦略を学んでみませんか?

以下のボタンから詳細を確認するだけでもあなたのブログに対する知識は大きく変わるでしょう。

在宅ライターが不安やトラブルに巻き込まれないための基本的対策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次